記事一覧

愛車遍歴・R1100GS


(画像・VirginBMWより借用)

GS・・・・・それはBMWモトラッドを語るうえで外せない存在・・・・・

R1100Sに乗り始めて1年が過ぎたころ、他のモデルにも興味を持つようになりました。
ツアラーとしてのBMW、そしてもう一つ、ビッグオフのBMW。

R1100Sのスポーティさを堪能しているうちに、もっといろいろなところを走りたい。そんなときにGSの存在感が気になります。

intro_b.jpg

とある販売店で、当時としては価格が手ごろなR1100GSを見つけ、まさかSとの2台持ち体制が始まりました。巨大なアドベンチャーツアラーは乗ってしまうと意外と楽で、まさしく低重心なBMWマジックという感じです。

当時の写真が見当たらないので、画像は初期型の樹脂タンクのモデルを引用しています。私のは中期型の金属タンクで、色も同じ赤でした。

低重心なボクサーツインとはいえ、巨大で重く、本格的なオフに持ち込む勇気はまったくありません。砂利道を走っただけで冷や冷やものだった思いがあります。オフ車はカワサキKDXにも乗っていましたので、このテレレバーとパラレバーの追従性も?なところでした。むやみに一人でオフに持ち込むと、自重でスタック→転倒→起こせない=帰れないの図式が常に成り立ちます。

対してオンロードの乗り心地と快適性は特筆モノでした。初めて体感するグリップヒーターに感激!ゆったりしたポジションで疲れ知らず。画期的なABSはSと比べて少々古めの作動感覚でした。

R1100GSはオフの形をしたツアラーであり、それまでのOHVのGSとはカテゴリが違うと感じます。実際もっとオフよりの車種を望んでいるビーマーも多く、後にダカールへと流れが続いて行くことになります。

このままSとの2台体制が続くと思いきや、10か月足らずでミッショントラブルとなり、あまり良い思いはありません。購入店では修理も出来ず、私の元では短命に終わったGSでした。

しかし、いつになってもGSは素晴らしい!新型が出るたびにいつも注目せざるを得ませんね~


☆にほんブログ村に参加しています☆
↓ぽちっと↓初めてのGSでござ~る!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

コメント

No title

この型からGSの体格が立派になりましたよね。
1200や1150よりもこの1100のほうが信頼性も高そうで、私もいつか乗ってみたいです(*^_^*)

Kachi//

Re: No title

>Kachiさん・こんばんは

現在に続くGSの流れはこの1100から始まっていますね。巨体でも意外と乗れるというイメージの始まりでもありました。
でも、現行のGSは1100と比べると超軽量って思うほど進化しましたね。1100も時代の流れで淘汰されそうです。

No title

懐かしいGSですね。めちゃくちゃ重くて、ふつうは乗れると思えないバイク。このタンクの形が当時のBMWのRなどと共通のイメージがあって、今でも道ですれ違うとハッとなります。
今でもかなりの数生きているので、BMWは長持ちします。お金はかかりますけど(笑)。

Re: No title

>WRTさん・こんばんは

今でこそさまざまな種類のバイクがありますが、この巨漢は停まっているだけで存在感がありました。
最新の電装が時代を先取りしていましたが、今となってはここの不具合で降りることになってしまうようです。アナログなOHVの方が長生きしていますね。

コメントの投稿

非公開コメント

↓日記・掲示板 on Twitter

プロフィール

BMWボクサーツインに魅せられ、R259、OHV、アールズフォーク等を多数乗り継ぎました。

特徴あるボクサーの中で最もベーシックなR1200Rロードスターを今の愛機としています。

メカ好きなので、なるべく自分でメンテナンスやモディファイをし、ツーリングやキャンプでの出会い、温泉めぐり等を楽しんでいます。       <長野県在住>

ござ~る

Author:ござ~る
☆現所有車☆
BMW R1200R Classic
Honda スーパーカブ110pro JA07
他・数台あり

☆にほんブログ村に参加しています☆
↓ぽちっと↓元気倍増でござ~る!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

リンク&RSS・お気に入り

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -